松江市様が当社を視察。産官の連携がさらに進むことを確信

2018年02月05日

昨年12月27日に松江市副市長・能海広明様を初め、議員様など総勢15名が松江山本金属にお見えになりました。弊社が島根県に進出するにあたり、当初からお世話になっている松江市の企業立地課様が今回の視察を企画してくださいました。 

皆様には弊社工場を見学して頂き、山本金属グループの概要を始め、松江山本金属の詳細、島根県に進出した理由、今後取り組んでいきたいテーマをご説明させて頂きました。

取り組んでいきたいテーマとは、センシング技術を取り入れた生産性向上、大物部品のハンドリングロボットでの生産ライン構築、地元素材メーカーとの金属疲労に関する研究です。 

松江山本金属のことや、なぜ島根に進出したのかをよく理解していただけたと実感すると共に、活発な意見交換をすることでお互いをより知ることができたと感じました。
そして、松江山本金属の目指す、産-官の連携に向け、大変有意義な時間となりました。 

貴重なお時間を頂きました皆様には深くお礼申し上げます。

工場見学

集合写真

このページのトップへ