先輩の声

永島聖

こんな先輩が活躍中!
出身と出身校は?
島根県/松江工業高等専門学校
どんな仕事をしている?
実際の部品加工
先輩の生の声

現場のエンジニアが会社説明会に

 入社してから、マシニングセンターという機械で部品加工を行っています。先輩に教わりながら、マシンへのプログラミングなどの段取り作業も行っています。自分のプログラミングによって部品が削り出され、完成していくところを見ると、やっぱりうれしいですね。
 僕がこの会社に興味を持ったのは、学校で開催された会社説明会のときです。たくさんの企業が説明会に来ている中、この会社の印象がとても強かったんです。なぜかというと、現場で働いている社員自らが会社の説明をしてくれたから。普通、会社説明会って、人事担当者の方がいらっしゃるものですよね。ところがこの会社は、現場のエンジニアが直接やって来て、自分たちの職場のことを語ってくれたんです。そのせいか話にすごく説得力があって。特に「人材育成に力を入れている」という言葉に惹かれました。

「人材育成に力を入れている」という話は本当だった!

 どんな会社なのか自分の目で確かめるために、まずは会社見学に参加しました。実際に行ってみると、社員の方々がすごく気さくにあいさつをしてくれたんです。「明るい雰囲気の会社だな」と感じました。
 僕は、大阪の山本金属グループ本社ではなく、岡山の開発研究センターで採用試験を受けました。とにかく、面接のときの社長がアツかった(笑)。初対面の僕と肩を組んで「力を貸してくれ」と言ってくださったんです。
 人材育成に力を入れている、という話に惹かれてこの会社に興味を持った僕ですが、実際に入社してみると、それが本当だったことがわかりました。わからないことを聞くと、どの先輩も上司もわかりやすく教えてくれます。後輩をフォローする風土ができあがっているので、これまで人間関係で苦労をしたことはないですね。

意欲を買ってくれるから、チャレンジ精神がわきあがる

 現在、金属加工の一連の流れがわかってきて、仕事がどんどん楽しくなっているところです。当面の目標は、社内検定3級の合格。意欲を買ってくれる会社なので、もっと仕事を覚えて、作りたいものなどが出てきたら挑戦していきたいですね。中でも松江工場は、ここでしか作れない大型の部品を手がけています。これからどんな大きな仕事ができるのか、将来がとても楽しみです。
 ちなみに僕は、松江生まれの松江育ち。釣りが趣味なんです。松江は海が近いので、趣味の釣りを思う存分楽しめるのもうれしいですね。

一日のスケジュール
このページのトップへ