先輩の声

奥村泉

こんな先輩が活躍中!
出身と出身校は?
京都府/大阪大学
どんな仕事をしている?
・営業をサポートするための事務
先輩の生の声

仕事を作る楽しさを実感中

 営業をサポートするためのさまざまな入力作業や電話応対などをしています。
 事務の業務って、企業ごとに体系化されていますよね。でも、島根工場はできたばかりなので、事務の仕事もまだまだ確立されていないんです。毎日、試行錯誤の連続ですが、その分、ゼロから立ち上げていくという楽しさがあります。
 事務職がゼロから何かを始められる経験って、そうあることではないですよね。そこが大きなやりがいになっています。
 でも…。実を言うと、入社当初の私は、先輩に迷惑をかけまくる、失敗だらけの社員だったんです。

ミスを自分でリカバリーできるように

 当時の私は、ありとあらゆるミスをしていました。おっちょこちょいだし、抜けはあるしで、新人がやりそうなミスはすべてやりました。それだけではありません。先輩が「どうしたらそうなるの?」と驚くようなとんでもないミスを何度かしました。
 一般的なミスなら「こうすればうまくいくよ」と教えられますが、予想外のミスは、経験を積んだ先輩ですら、どう教えていいか分かりませんよね。でも、私を指導してくれていた先輩社員は、ほとんど怒らなかったんです。
 当社の場合、新人をどう指導するかは、一人ひとりの先輩社員に任されます。私についてくれた先輩は怒らないタイプの人。ただ黙々と私のミスをリカバリーしてくれましたが、それはそれで迫力がありました。身が引き締まりましたね。
 いまでも、先輩の仕事ぶりは大いに参考になっています。失敗は相変わらずしていますが、おかげでリカバリーの仕方が身につき、自分でミスを修正できるようになりました。

就活生ひとりのためにここまで!と感動

 就活のとき、特にやりたいこともなく就職先を探していた私。でも今は、事務という仕事の流れを自分で作っていくことが、とても面白いんです。
 当社は中小企業ですが、新人を見守ってくれる先輩や上司が多いですし、難易度の高い部品加工や、大型部品が加工できるという独自のウリをもっています。お得意様から仕事が来るのを待つのではなく、こちらから売り込んでいける。そこが最大の強みだと思います。
 会社トップの熱さも、ひとつの特長です。会社見学のとき、部品加工のことなど何も知らない私に、自分たちが加工した部品のすごさや、職人のワザを若い人に継承させるため、加工の「見える化」を進めて業界全体に貢献したいことなどを話してくれました。
 面接のときは、私が大学で所属していた「ライフル射撃部」についてわざわざ調べてきてくれたり。一人の就活生のためにここまでやってくれるんだ!といううれしさが、私が今この会社にいる源になっています。

一日のスケジュール
このページのトップへ