先輩の声

桐田麻美

こんな先輩が活躍中!
出身と出身校は?
島根県/島根大学
どんな仕事をしている?
・商品の製造依頼や納期の調整 ・伝票処理 ・就活生向け資料作りなど
先輩の生の声

就活中、自分がめざす道に違和感

 商品の加工の手配や納期調整、伝票処理などを行っています。分かりやすく言えば、商品がきちんと加工され、得意先様に納品されていくのを管理する仕事です。商品を扱う部署だけに、社内の人はもちろん、外注先や得意先様のご担当者など、いろいろな方と接する機会があります。そうした方々と話をするのって、思いがけない気づきがあったりしてなかなか楽しいんです。
 でも、以前の私は、人と関わる仕事がしてみたいなんて、思ってもいませんでした。私は教育学部出身なので、教師になるために教員採用試験を受ける予定でした。でも、試験対策をしているとき、教員になってどんなことがしたいのか、うまくイメージできなかったんです。そこで改めて考えたところ、「もっと社会に出て、いろんなことを知ってみたい」という自分の気持ちに気づきました。

自分を認めてくれる対応が決め手に

 そこからは就職先を一般企業に定め、県内外問わず、金融機関から出版社まであらゆる企業にエントリー。その中の一つが当社でした。印象的だったのは、会社見学での対応です。見学者の私に、とても丁寧に説明してくださいました。面接でも、社長と会長が時間を割いて対応してくれ、社員を大切にしている会社なんだなと肌で感じました。
 それまでの会社見学では、私は「大勢いる就活生の中の1人」でしかなかった。でも当社の場合は、私という人間を認めて対応してくれている感じがして、うれしかったんです。実は金融機関から内定をもらっていたのですが、迷いなく「ここで働こう!」と決めました。

「人と関わるのって楽しい!」そんな自分を再発見

 人と積極的に関わるのが得意な方ではなかったこともあり、パソコン作業などがメインになる事務職で入社したのですが、フタを開けてみたら、得意先とのやりとりなど、人と関わることがとても多い職場でした。最初は少し戸惑いましたが、毎日のように社内外のいろいろな人と話す中で、自分の世界が広がっていく感じがしたんです。
 また、得意先の担当者の性格などを考え、「この人にはこういう伝え方がいいかな」など、相手に合わせた要望の伝え方を考えるのがすごく面白くなりました。学生時代はそんなタイプではなかったので、自分を再発見した感じです。
 今は、1日ごとにテーマを決めて仕事をしています。「今日はこんなやり方でスピードアップを図ってみよう!」など。入社当時、小さなミスを繰り返していた私に、「1日にやる仕事の優先順位を決めて、それをどうすれば早く終わらせられるかを毎日考えよう」という課長のアドバイスが効いています。
 「金属加工って何?」という状態で入社した私ですが、現在は会社の強みを話せるくらい詳しくなりました。当社は、ただ金属を加工するのではなく、困りごとを拾って自社開発につなげて世の中に貢献している会社。そんな誇れるところをアピールしていきたいですね。

一日のスケジュール
このページのトップへ