先輩の声

松本清司

こんな先輩が活躍中!
出身と出身校は?
島根県/東部高等技術学校
どんな仕事をしている?
部品加工のプログラムを作成、実際の部品加工
先輩の生の声

大の機械好き 山本社長に惚れた!

昔からバイク等の機械や部品を構うことが好きで、一度ハマると時間を忘れて没頭してしまいます。
高校卒業後は機械整備の仕事に就きたくて県の技術校で自動車整備の勉強をしました。卒業後は自動車メーカーの整備工場に就職。そこでは3年働きました。
新人技術者を対象にした大会で優秀賞を受賞したりと頑張っていましたが、やりがいの面で不完全燃焼だったのかもしれません。この先ずっと同じような日々を過ごしていくのかなと。
山本社長と出会ったのはそのころです。
共通の知人から”松江山本金属が人材を探している。一度会社訪問してみない?”とお誘いをいただいたんです。
会社見学に伺ってみると休日にも関わらず、社長自らが社内を案内してくれました。
直感でこの社長についていきたいと思いました。
ワクワクするというか、面白そうというか。
色々と話をしていただくうちに、山本社長についていけば自分自身がレベルアップできるような気持ちになったんです。

ものづくりの最前線

現在、企業から新しく依頼を受けた機械部品を製作しています。
企業から送られてくる図面にそって試作品を作り、合格となった後に量産対応をします。
この仕事のやりがいは、ものづくりそのものを感じられること。
削ったり切ったりしながら、試作品を作ります。機械で削る部分は、動きを自分でプログラムします。失敗し、何度も微調整をしながら完成に近づけていきます。求められる試作品が完成した時、喜びは格別です。
松江山本金属で製作しているような機械部品は、これまでの見たことないものばかり。もちろんそれを加工する機械も、会話で出てくる専門用語も全て初対面。でも、”機械は好きだし、なんとかなる”といった根拠のない自信はありました。

目指せ!職人

今の目標は取りたい資格もありますが、とにかく削る技術を極めること。
職人レベルと言われるくらいになりたい。
先輩から0.4mmの違いを指摘された時は驚きでした。
目視でサイズの違いに気づかれ、測ってみると本当に0.4mmの誤差。
少しのズレも致命的なミスにつながる機械部品製造はとても精密な仕事。
奥の深い仕事なんだと気づかされました。
松江山本金属、山本社長との出会い。ものづくりの仕事と出会えて本当に良かったと思っています。
とにかく、削って削って経験を積み、最高の技術力を持って会社に恩返しがしたいです。

一日のスケジュール
このページのトップへ